5,400円からの専用サーバー「サーバー1番」

お問い合わせはこちらまで

トップ > サーバー1番とは > サービス概要

サービス概要

必要な時にだけサーバーの容量を拡張できる
伸縮自在の仮想専用サーバーサーバー1番は
低コスト・高水準のレンタルサーバーサービスです


サーバー1番はよくあるレンタルサーバーサービスではありません。
違いはずばり、「伸縮自在」。必要に応じてサーバーの容量を自由に変更できるので、無駄なコストがかかりません。


特徴1 必要に応じて「伸縮自在」な仮想専用サーバー

仮想専用サーバーとは
サーバー1番が提供するのは、仮想専用サーバーです。
仮想専用サーバーは、1つのハードウェア上のCPU、メモリ、ハードディスクなどのリソースを共有しながら専用サーバーとまったく同じ環境を複数提供することによって、専用サーバーよりも快適な運用環境を作り上げることができます。


通常の仮想専用サーバーとの違い
サーバー1番が提供する仮想専用サーバー「FVS」は通常のレンタルサーバーと異なり、サーバーリソースの伸縮を可能にすることで、用途や必要なタイミングに合わせてスケーラブルなサーバー運用を実現させ、お客様のコストや作業にかかる負担を軽減します。



特徴2 プランのアップグレードは作業レス

サーバーを休止させなくてもオーケー
稼動中のサーバーを、断線することなくスペックを拡張することができます。
ですので、制作段階、リリース、拡張段階などのフェーズに合わせて、自由にプランを拡張することができます。



面倒な作業は不要
プランを変更してもサーバー環境はどのプランも同じなので、アップグレードに伴うお客様の作業は一切ありません。
それぞれの段階的に合わせてスペックアップしていくことで、初期導入コストをグンッと抑え、将来的に想定される、アップグレードに伴う作業コストを削減することができます。




特徴3 複数台構成のサーバーを効率的に安定稼働

メモリの占有と、CPUの共有
サーバー1番は、仮想専用サーバーを利用し、複数台構成の最適化が実現できます。
例えば、WEBサーバーとデーターベースサーバーを2台構成で運用しているとします。これらは同じサーバーリソースが必要なく、コンテンツによっては、50%程度のリソースで十分な場合があります。


フレキシブルFVSプランでコスト削減
上記のWEBサーバーとデーターベースサーバーをフレキシブルFVSプランで運用した場合、

  1台目:2FVSプラン(格安専用サーバと同等のメモリ1GB)×1契約
  2台目:1FVSプラン(格安専用サーバの半分程度のリソース)×1契約

ハードディスクはRAID5、CPUは2GBのDualコア×2つで月額コストの合計は30,000円。
非常にリーズナブルな運用コストで、それぞれの状況の変化によりスケーラブルに伸縮可能です。
ローエンドの1Uの複数台構成より、ハイグレードのサーバーを上手に利用することが、コスト削減と安定稼動に繋がります。





特徴4 コストパフォーマンスを重視したハイスペック仕様

適切なサーバーリソースをプランニングしてご提供
お客様専用のメモリー領域は共有させず、個別に確保することにより、専用サーバーと同様の運用環境を提供します。 さらに、並行処理を得意とするマルチコアCPUを複数搭載し、CPUを共有させることで、ハイスペックサーバーの快適な環境をすべてのレンタルサーバープランにおいて体感いただけます。

マルチコアCPUのメリット
複数の並行処理を得意とするマルチコアCPUを共有していただくことにより、すべてのレンタルサーバープランにおいて処理速度の向上とサーバーの安定化を実現しております。
レンタルサーバーのバックグランドのコストをあげずによりよい環境を提供するため、サーバー1番ではデュアルコアサーバーを採用しているのです。